TIME LINE修斗最新情報一覧へ

PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.6 Supported by ONE Championship 2021-09-20

◎9.20プロ修斗・後楽園ホール大会 明日からチケット一般販売開始。 ダブルチャンピオンシップが決定! “18歳の二刀流”西川大和がライト級世界王者川名TENCHO雄生に挑戦! 復活!“怪物”安藤達也が“インフィニティリーグ優勝”石井逸人と環太平洋王座防衛戦

 秋のプロ修斗・後楽園ホール大会ではダブルチャンピオンシップの開催が決定!

ライト級世界王者・川名TENCHO雄生と“脅威の18歳”西川大和(同級1位/西川道場)の世界ライト級チャンピオンシップが決定。
川名は昨年7月の大阪大会でキャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会)とのチャンピオン決定戦で豪快なKOで勝利。
環太平洋王座に続き第13代世界ライト級王座を獲得。
今回、初防衛で若い西川大和を迎えるが、川名の持ち味は鈴木慎吾やABとの乱打戦に打ち勝つタフさ。
今までにKO負けは一度もなく、北米のMMA団体PFLやRIZINでも最後まで勝負を捨てず、ドロくさいまでに勝ちにこだわる執念は見事と言うしかない。

そして、いよいよ“脅威の18歳”西川大和(同級1位/西川道場)の世界王座初挑戦が決定。
西川大和は無観客で行われた“Road to ONE 2nd”を経て昨年5月より修斗に初参戦。
初戦で“空手シューター”木下タケアキを打・投・極、全ての局面で圧倒し、白星で飾るとハイペースで試合をこなし、KOと一本を量産。
特筆すべきは今年5月に行われた元環太平洋王者・大尊伸光(フリー)との一戦だ。
一発で全てを帳消しにする“剛腕”を持つ大尊を相手に様子を見ながらも冷静に対処。
グランドの展開に持ち込み、最後は三角絞めで大尊からタップアウトを奪った。
この勝利で無傷の5連勝を飾り、川名への挑戦権を獲得した。
そして、今回のチャンピオンシップで注目すべき点がもう一つあり、それは西川大和が川名を破った場合、18歳9ヶ月での世界王座戴冠となり、修斗史上最年少王者誕生となることだ。
フライ級平良達郎、フェザー級SASUKEと新世界王者が誕生している中、西川大和が大記録を達成して世界王者となるのか?
タフさと経験で勝る王者・川名が西川に勝負の厳しさを叩き込むか?
修斗中量級大注目の世界戦にご期待ください!


そして、もう一つの行われるチャンピオンシップも是非注目して貰いたい。
環太平洋バンタム級チャンピオン“怪物”安藤達也(フリー)初防衛戦が決定。
対戦相手は今年のインフィニティリーグを制した石井逸人(同級6位/TRIBE TOKYO M.M.A)に決定した。
安藤は昨年11月DEEPから参戦して来た“トラッシュトーカー”大塚隆史(G-GRIP TOKYO)とのノンタイトル戦で開始早々のローキックで膝を負傷。
今回が約10ヶ月ぶりの復帰戦でタイトル防衛戦を迎える。
一方、石井はインフィニティリーグで優勝を果たし、今回の挑戦権を得たが、リーグ公式戦2勝2分という結果に笑顔はなかった。
TRIBE TOKYO M.M.Aに移籍したことでスタイルの変化もあり、今回得たチャンスに懸ける思いは強いものがあるだろう。
対戦相手の安藤も現在はフリーだが、かつてはTRIBE TOKYO M.M.Aに所属した元同門。
期間は短かったものので共に汗を流した仲であり、安藤のスタイルを知るファイターも多く、その辺りは石井が有利な面も多々あるだろう。
前回の後楽園ホール大会では、同門の工藤諒司がSASUKEと接戦の末、惜敗。
練馬にベルトを持ち帰ることが出来なかったが、石井は修斗のベルトを持ち帰れることが出来るのか?
それとも“怪物”安藤が華麗なる復活を魅せるのか?
デビュー戦を戦慄のハイキックで飾った中村倫也(LDH Marshall Arts)の参戦もあり、バンタム級は更に厚みを増している。
“黄金の階級”と言われる修斗バンタム級。その名に恥じない最高のチャンピオンシップとなるように期待したい!

 注目のダブルチャンピオンシップが開催される今大会チケットは7/31(土)より各チケット取扱所にて発売となる。7月大会も早期完売となった後楽園ホール大会、良いお席はお早めにお買い求めください。

[決定対戦カード]
◎世界ライト級チャンピオンシップ5分5R
川名TENCHO雄生(王者・初防衛戦/Y&K MMA ACADEMY)
vs
西川大和(挑戦者・同級1位/西川道場)

◎環太平洋バンタム級5分3R
安藤達也(王者・初防衛戦/フリー)
vs
石井逸人(挑戦者・同級6位/TRIBE TOKYO MMA)



◇大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.6 Supported by ONE Championship
[日時]2021年9月20日(月・祝)
[開場]17:15[開始]18:00
[会場]後楽園ホール
    東京都文京区後楽1-3-61-5F
    JR「水道橋駅」より徒歩3分
[後援]ONE Championship
[協力]一般社団法人日本修斗協会
[認定]インターナショナル修斗コミッション
[主催]株式会社サステイン
[チケット発売日]7月31日(土)
[チケット料金]
VIP 18,000円/RS 12,000円/SS 10,000円/S 7,000円/A 6,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
※マスクの着用をお願い致します。
※お客様同士、一定の距離をとってご観戦頂きます。

[チケット販売所]
イープラス  https://eplus.jp/shooto/
(パソコン&スマートフォン)https://eplus.jp/qa/
修斗BASE オンラインショップ https://proshooto.official.ec/

[お問い合せ]
株式会社 サステイン 03-3788-3042

PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.6 Supported by ONE Championship
2021-09-20 東京・後楽園ホール

関連記事

2021-09-199.20 プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会前日計量結果

2021-09-199.20 プロ修斗・後楽園ホール大会当日券情報 16時より当日券販売

2021-09-199.20 プロ修斗・後楽園ホール会    ご来場頂く皆様への新型コロナウィルス感染予防対策    チケット裏面へ個人情報記入をお願い致します!

2021-09-189.20 プロ修斗・後楽園ホール大会はABEMAにて完全生中継!

2021-09-189.20 プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会試合順決定  メインは川名vs西川の世界戦、セミには安藤vs石井の環太平洋戦  注目の“AOKI PROJECT”提供試合、岩本健汰MMAデビュー戦は第5試合に!

2021-09-17[9.20後楽園ホール大会 三日前体重報告]

2021-09-179.22 プロ修斗・後楽園ホール大会 野生児ではなかった! 冷静沈着なクレバーファイター・西川大和インタビュー 「川名選手、相手を挑発するとか、恥ずかしい事はもう止めましょう」

2021-09-179.20 プロ修斗・後楽園ホール会    ご来場頂く皆様への新型コロナウィルス感染予防対策    チケット裏面へ個人情報記入をお願い致します!

2021-09-169.20 プロ修斗・後楽園ホール大会 初防衛戦を迎える“怪物”安藤達也インタビュー 「初防衛戦のプレッシャー?あるわけないでしょう(笑)!」

2021-09-159.20 プロ修斗・後楽園ホール大会決定カード発表  青木真也が再び介入⁉︎「AOKI PROJECT」発動!  日本最高峰グラップラー・岩本健汰、いよいよMMAの世界へ  “崖っぷちシューター”椿飛鳥と対戦!

2021-09-159.20 プロ修斗・後楽園ホール大会  石井逸人インタビュー  “憎しみ”を持たない初めてのチャンピオンシップ  「俺はこの環境だからチャンピオンになれる」

2021-09-149.20 プロ修斗・後楽園ホール大会  川名TENCHO雄生 インタビュー  戦うしゃぶしゃぶ店 川名店長 「タイトルは“北の野生児の仕留め方教えます”。教則として使えるような試合をお見せします!」

2021-09-13[9.20 後楽園ホール大会 1週前体重報告]

2021-09-079.20 プロ修斗・後楽園ホール大会決定対戦カード発表  ABEMA「格闘DREAMERS」から中村倫也に続き、“ボクシング高校6冠”宇佐美正パトリックが修斗参戦!  2019年新人王、ヨシ・イノウエが迎え撃つ!

2021-08-299.20プロ修斗・後楽園ホール大会情報  “レスリングモンスター”江藤公洋、約1年振りの復帰戦は修斗のケージ!グンター・カルンダと重量級対決へ!  フライ級・内田タケルvs大竹陽も決定

2021-08-129.20プロ修斗・後楽園ホール大会情報 大道塾『空道』から北斗旗王者・岩﨑大河が修斗初参戦!  “激闘王”石橋佳大が出場!北大卒の“インテリファイター”後藤丈治との一戦が決定!

2021-07-26◎9.20プロ修斗・後楽園ホール大会 明日からチケット一般販売開始。 ダブルチャンピオンシップが決定! “18歳の二刀流”西川大和がライト級世界王者川名TENCHO雄生に挑戦! 復活!“怪物”安藤達也が“インフィニティリーグ優勝”石井逸人と環太平洋王座防衛戦