TIME LINE修斗最新情報一覧へ

PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.8 in OSAKA2022-12-11

プロ修斗今年度最終戦 12.11 メルパルクホール大阪大会決定対戦カード発表 マックス・ザ・ボディが再び大阪に来襲。田中有と激突! 田上こゆるvs新人王・泰斗、加藤ケンジvs奇天烈、他10カードが決定! 新空手提供Stand up公式キックルール3試合も決定!

プロ修斗を締めくくる大会としてお馴染みとなった師走の大阪決戦。12.11メルパルクホール大阪大会の主要カード、プロ修斗10試合、キック3試合が決定致しました。

プロ修斗のメインカード3試合を紹介。
先ずはライト級注目のカードが実現。昨年、環太平洋王者・キャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会)と激闘を繰り広げたマックス・ザ・ボディが再び大阪に来襲。7月の初戦ではノンタイトル戦ながらキャプテンに競り勝ち、王座挑戦権を獲得するも返り討ちに。その後「POUND STORM」に出場しオーディン(EXFIGHT)との一戦を制し、修斗に帰還。対するは約2年ぶりの戦線復帰となる田中有(リライアブル)。2年前に行われたキャプテン☆アフリカとの一戦で肩を負傷し、長期離脱を余儀なくされた。治療に専念しながらもこの2年の間に全身のメンテナンス、精神面、技術面の細部に渡るレベルチェンジを遂行。今回、満を持しての登場となる。トップランカー同士の激突となる今回、この結果がタイトル戦へ直結する事は確実。 タイトル戦に近づくのは大阪でもお馴染みとなった“カメルーン・ヘラクレス”か?進化した“シン・田中有”か?今年度を締めくくり最終戦で勝利するのは果たしてどっちだ。
そして悩める天才、田上こゆる(BLOWS)の出場が決定。デビューから得意の打撃で快進撃を続けてきた田上だったが、ここ3戦はその打撃を封じられて連敗。心機一転、「ABEMA格闘チャンネル海外武者修行プロジェクト」で約1ヶ月に渡るアメリカでのトレーニングを実施。厳しい環境に身を置き、MMA最先端のテクニックを吸収し、今回の再起戦を迎える。対するは今年度の新人王を獲得した大注目のニューカマー泰斗(MMA RANGERS GYM)。小柄ながら全身をフルに活用し、打倒極のバランスに優れたファイトスタイルで現在負けなしの3連勝。ストロー級は新王者・新井丈を筆頭に安芸柊斗、田上こゆるら新鋭とベテラン勢が共存するカオスな階級。いきなり世界ランカーへのチャレンジとなった泰斗がそこに割って入るか?北米武者修行帰りの田上が力でねじ伏せるか!ストロー級大注目カードが決定した。
 
また7月の大阪大会ではダイキライトイヤーを衝撃的なKOで下すも、9月の後楽園ホール大会で後藤丈治にKO負けを喫した“遠州の用心棒”加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)が2大会連続で出場。カウンターの切れ味が冴える地元・大阪出身、奇天烈とストライカー対決に挑む。また女子スーパーアトム級世界ランカー杉本恵が須恵樹季と対戦。このカードは5月の後楽園ホール大会で予定されていたが須恵の体調不良により中止に。今回大阪に舞台を変えて実現することとなった。

その他にも関西オールスターズの出場が決定する中、10月に開催した今年度全日本アマ選手権でのプロ昇格者が続々デビュー戦を迎える。

更に、大阪大会で恒例となった新空手道連盟提供キックボクシングルールの試合を3試合実施。過去にCKCトーナメントにエントリーした選手が様々な団体で活躍しており、キック業界も注目する修斗大阪大会でのケージキック。今年7月に開催されたCKCトーナメントに出場した都築海杜(TEAM 3K)、昨年の同トーナメントに出場した木下悦志(KICK LAB)の関西勢に加え、全国各地から今後のキック界のトップ戦線を見据える若い力が大阪に集結する。今回からStand up公式戦として行われることが正式に決定。キック界の次世代を担う選手が今大会からも生まれるだろう。修斗ファンの皆様もぜひご注目ください!
今回13カードを一気に発表しましたが、更にキッズ修斗、新空手キッズの試合も予定しております。今大会も大ボリュームで開催される大阪大会。チケットは各プレイガイドにて発売中です。良いお席はお早めにお買い求めください!




[決定対戦カード]
◎ライト級5分3R
マックス・ザ・ボディ(BRAVE)
vs
田中 有(リライアブル)

◎ストロー級5分3R
田上こゆる(BLOWS)
vs
泰斗(MMA RANGERS GYM)※今年度同級新人王

◎バンタム級5分3R
加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)
vs
奇天烈(修斗GYMS直心会)


◎女子ストロー級5分2R
杉本恵(AACC)
vs
須惠樹季(TRINITY-SUNS)

◎バンタム級5分2R
青柳洸志(修斗GYM神戸)
vs
江田“塾長”こうすけ(MIBURO)

◎フライ級5分2R
和田教良(ガイオジム)
vs
井口翔太(修斗GYM神戸)

◎フライ級5分2R
綿谷 誠(BLOWS)
vs
マル・ザ・ヘンペーソク(MIBURO)

◎フェザー級5分2R
磯城嶋 一真(MMA RANGERS GYM)
vs
轟 轟(総合格闘技道場コブラ会)※プロデビュー戦

◎ライト級5分2R
石田拓穂(リライアブル)
vs
嵯峨“ゴーレム”健史(TKエスペランサ)※プロデビュー戦

◎トライアウト ライト級3分2R
グ・ジユン(修斗GYM神戸)
vs
柿原昇太(MMA RANGERS GYM)


◎Stand up公式キックボクシングルール -51.5kg契約3分3R
木下悦志(KICK LAB)
vs
伊藤琉之助(EX ARES)

◎Stand up公式キックボクシングルール -57.5kg契約3分3R
朝日彗仁(TARGET SHIBUYA)
vs
白鳥光希(正道会館KCIEL)

◎Stand up公式キックボクシングルール -57.5kg契約3分3R
都筑海杜(TEAM 3K)
vs
藤井海人(EX ARES)