VTJ 6.19 大阪で開催

TIME LINE修斗最新情報一覧へ

MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018優勝決定戦2018-12-15

2018年プロ修斗最終戦・新宿FACE大会情報 今年度の全日本アマチュア修斗選手権でプロ昇格した15歳の内田タケルと18歳の中山慎平がプロデビュー 工藤諒司が久保村ヨシTERUと対戦。

 今年度プロフェッショナル修斗最終戦となる12月15日(土)東京・新宿FACE大会、追加3カードが決定。
 負けたままでは今年を終われない男達が続々と参戦を希望した今大会。今年10月の新宿FACE大会で世界ランカーの山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)と対戦し、熱戦を展開するも惜敗した工藤諒司(TRIBE TOKYO M.M.A.)の参戦も決定。11月18日の新潟大会で勝利したばかりの久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)と対戦します。
 その他には今年の全日本アマチュア修斗選手権プロ昇格組から2選手のプロデビューが決定。
今年度は近年稀に見るハイレベルのな試合が多かったが、43名もの選手がプロ昇格への認定を受け、その中から18歳の中山慎平(roots)と15歳の内田タケル(パラエストラ松戸)が早くもデビュー戦を迎える。
中山慎平は柔道のベースを活かし関東選手権から全日本まで負けなしで制覇。MMAでの実績こそ少ないが、そこは師匠の佐藤ルミナがデビュー戦までに更に磨きを掛けて送り出すだろう。"修斗のカリスマ"の秘蔵っ子が満を持してのプロデビューを果たす。デビュー戦からお見逃しのないように!
そしてもう一人の内田タケルは幼少期からMMAを学んだ生粋のシューター。
キッズ修斗→ジュニア修斗を経て、昨年5月には後楽園ホール大会で行っているジュニア修斗公式戦に出場しており、全日本選手権でも高校1年生とは思えないハイレベルな試合を見せてくれた。決勝では惜しくも敗戦となったが、いよいよ迎えるプロデビュー戦。キッズ、ジュニア、アマチュア修斗で培った経験をプロで活かす日が遂にやって来た。
 今年は“天才高校生シューター”安芸柊斗(MMAZジム)の活躍など10代の選手に注目が集まったが、両選手もそれに続く事ができるか、是非ご注目下さい。
 そして今大会に出場を予定していました覇彌斗(総合格闘技道場BURST)ですが、調整中に膝を負傷、左膝内障全治2か月と診断され、今大会を欠場する事となりました。代わって六本木洋(総合格闘技道場STF)が関口祐冬(修斗ジム東京)と対戦します。







[新たに決定した対戦カード]
◎フェザー級5分2R
工藤 諒司(TRIBE TOKYO M.M.A.)
vs
久保村 ヨシTERU(飛翔塾コンドル)

◎68kg契約5分2R
葛西 達(ブレイブハート)
vs
中山 慎平(roots)※2018年全日本アマ修斗選手権ライト級優勝

◎フライ級5分2R
小川 竜輔(リバーサルジム立川ALPHA)
vs
内田 タケル(パラエストラ松戸)※2018年全日本アマ修斗選手権ストロー級準優勝


[変更対戦カード]
◎フライ級5分2R
六本木 洋(総合格闘技道場STF)
vs
関口 祐冬(修斗ジム東京)



[既に発表済みの対戦カード]
◎MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018ストロー級5分2R
箕輪 ひろば(勝ち点7/総合格闘技道場STF)
vs
ニシダ☆ショー(勝ち点4/総合格闘技道場BURST)

◎MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018ストロー級5分2R
楳沢 智治(勝ち点5/AACC×SPIDER)
vs
新井 丈(勝ち点0/キングダム立川コロッセオ) 


◎フライ級5分3R
内藤 頌貴(同級世界9位/パラエストラ松戸)
vs
小堀 貴広(ゴンズジム)

◎ライト級5分2R
内藤 太尊(世界フェザー級9位/roots)
vs
鈴木 淑徳(オフィス淑徳軍)

◎バンタム級5分2R
鬼神 光司(ブレイブハート)
vs
よしずみ(SHOOTO GYM K’zFACTORY)

◎2018年度新人王決定トーナメント決勝戦 ストロー級5分2R(延長1R)
斉藤 康太(パラエストラ小岩)
vs
津村 有哉(リバーサルジム川口REDIPS)