RANKING 最新ランキング情報

2022年05月度世界ランキング

世界ストロー級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

2020年世界ストロー級チャンピオン
箕輪 ひろば / Hiroba Minowa
総合格闘技道場STF / 日本
防衛回数:0
暫定王者 猿丸 ジュンジ / Junji Sarumaru修斗GYM東京/日本
1(1)新井 丈 / Jo Araiキングダム立川コロッセオ/日本
2(2)安芸 柊斗/ Shuto AkiMMA Zジム/日本
3(4)

旭那 拳/ Ken Asahinaパラエストラ沖縄/日本
4(3)黒澤 亮平/ Ryosuke Kurosawaパラエストラ松戸/日本
5(5)木内 SKINNY ZOMBIE 崇雅/ Takamasa Kiuchi和術慧舟會GODS/日本
6(6)マッチョ ザ バタフライ/ Macho Butterfly総合格闘技道場コブラ会/日本
7( - )

当真 佳直/ Yoshinao ToumareversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/沖縄
8(7)田上 こゆる/ KOYURU TANOUEBLOWS/日本
9(8)小巻 洋平/ Yohei Komaki総合格闘技道場reliable/日本
解説
IC(IC)猿丸 ジュンジ(日本/修斗GYM東京)A

・竜己に勝利した旭那がランクアップ。
・田上に勝利した当真がランクイン。
・上記に伴いランキングが変動。

世界フライ級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

世界バンタム級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

安藤 達也 / Tatsuya Ando
フリー / 日本
防衛回数:0
1(1)小野島 恒太 / Kota OnojimaCombat Workout Diamonds/日本
2(2)藤井 伸樹/ NOBUKI FUJIIALLIANCE/日本
3(3)石井 逸人/ HAYATO ISHIITRIBE TOKYO M.M.A/日本
4(4)岡田 遼/ Ryo Okadaパラエストラ千葉/日本
5(5)後藤 丈治/ JOJI GOTOTRIBE TOKYO M.M.A
6(6)大塚 隆史/ TAKAFUMI OTSUKAT-GRIP TOKYO/日本
7(7)石橋 佳大/ Keita IshibashiZEEKジム/日本
8(8)中村 倫也/ RINYA NAKAMURALDH martial arts/日本
9(9)野尻 定由/ YASUYUKI NOJIRI赤崎道場A-SPIRIT/日本
10( - )

平川 智也/ Tomoya Hirakawaマスタージャパン/日本
解説
・松下に勝利した平川がランクイン。
・上記に伴いランキングが変動。

世界フェザー級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

世界ライト級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

世界ウェルター級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

世界ミドル級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

第5代世界ミドル級チャンピオン
シアー バハドゥルザダ / Siyar Bahadurzada
ゴールデングローリー・タツジンドージョー / アフガニスタン
防衛回数:0
1(1)アンドレ チャツバ / ミノタウロ・チーム/ブラジル
2(2)カルロス アレッシャンドリ ペレイラ/ Carlos Alexandre/ブラジル
3(3)ペトラス モリカビュチス/ Petras Markevicius/リトアニア
4(4)レアンドロ バタタ シウバ/ Leandro Silvaノヴァ・ウニオン/ブラジル
5(5)ミッケル グルドベーク/ タラレック/デンマーク
解説
・変動なし。

世界女子スーパーアトム級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

2022年05月度環太平洋ランキング

環太平洋バンタム級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

小野島 恒太 / Kota Onojima
Combat Workout Diamonds / 日本
防衛回数:0
1(1)大塚 隆史 / TAKAFUMI OTSUKAT-GRIP TOKYO/日本
2(2)石井 逸人/ HAYATO ISHIITRIBE TOKYO M.M.A/日本
3(3)後藤 丈治/ JOJI GOTOTRIBE TOKYO M.M.A
4(4)岡田 遼/ Ryo Okadaパラエストラ千葉/日本
5(5)藤井 伸樹/ NOBUKI FUJIIALLIANCE/日本
6(6)石橋 佳大/ Keita IshibashiZEEKジム/日本
7(7)中村 倫也/ RINYA NAKAMURALDH martial arts/日本
8(8)野尻 定由/ YASUYUKI NOJIRI赤崎道場A-SPIRIT/日本
9(9)倉本 一真/ Kazuma Kuramoto修斗GYM東京/日本
10( - )

平川 智也/ Tomoya Hirakawaマスタージャパン/日本
解説
・松下に勝利した平川がランクイン。
・上記に伴いランキングが変動。

環太平洋フェザー級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

環太平洋ライト級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

環太平洋ウェルター級ランキング

プロフェッショナル修斗ランキング委員会(5月1日付け/2022年4月30日までの実績で選定)

2015年ミドル級新人王
ソーキ / SOKI
NASCER DO SOL / 日本
防衛回数:0
1(1)田村 ヒビキ / Hibiki Tamuraパラエストラ大阪/日本
2(2)勇星 / ISAMUピロクテテス新潟/日本
3(3)北田 有/ Yu Kitada和術慧舟會富山支部S.P.O./日本
4(4)山田 崇太郎/ SOTARO YAMADAThePandemonium/日本
5(5)村山 暁洋/ Akihiro MurayamaGUTSMAN修斗道場/日本
解説
・変動なし。