VTJ 6.19 大阪で開催

TIME LINE修斗最新情報一覧へ

MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018優勝決定戦2018-12-15

12.15 プロ修斗・新宿フェイス大会決定対戦カード発表  今年度最終戦に再起を懸ける覇彌斗、内藤弟、太尊等続々参戦!

一時は小巻洋平の独走かと思われたが、最後の最後に箕輪ひろばが小巻に待ったを掛け、今年も最終戦まで優勝者が決まらず、話題となっているMOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ優勝決定戦が行われるプロフェッショナル修斗2018年度最終戦。12.15新宿フェイス大会の新たな対戦カード5試合が決定。前戦で苦杯を舐めた選手達が続々参戦を志願。負けたままでは年は越せない男達が今年最後の勝負に挑む。
 世界ランカーである覇彌斗(総合格闘技道場BURST)は9月の後楽園ホール大会で清水清隆(TRIBETOKYOMMA)と対戦し、自身初のKO負けを喫し、年内の再起戦を志願。トリッキーなファイトスタイルが売りの関口祐冬(修斗GYM東京)と対戦する。両者は2014年の全日本アマチュア修斗選手権で一度対戦し、その時は覇彌斗が勝利しており、関口にとってはリベンジ+世界ランカーとの対戦というまたと無いビッグチャンスが到来。逆に覇彌斗にとっては負けられない相手との対戦なのでリスクを伴う再起戦となるが、それだけこの一戦に懸ける意気込みが感じられる。昨年初頭にはフライ級のビックネーム前田吉朗に勝利、田丸匠との激戦など目覚ましい活躍を見せた覇彌斗だけに再浮上を期待したい。
 そしてもう一人、敗戦から再起を図る「のび太の弟」内藤頌貴(パラエストラ松戸)が参戦。2015年から2017年まで3年間無敗を誇ったが内藤だが今年は1敗1分と元気がない。判定で競り勝つ試合も多いがKO出来る実力も
持っており、来年は更なる活躍を期待されている選手だけに最終戦となる今大会で2018年を良い形で締めくくってもらいたい。一方対戦相手の小堀貴広(ゴンズジム)は現在4連勝中と試合毎に調子を上げており、極め強さを持つ侮れない相手。内藤が倒すか、小堀が極め勝つか。最終戦に相応しいファイトを魅せてくれるだろう。
 また10月の新宿FACE大会に出場が決まっていながら対戦相手の怪我等で試合が消滅するという不運に見舞われた鈴木淑徳(オフィス淑徳軍)とよしずみ(SHOOTO GYM K’zFACTORY)が今大会へスライド参戦。鈴木は昨年のインフィニティリーグ以来、1階級上げての再起戦となる”武闘派”内藤太尊(roots)と、よしずみは10月のフェイス大会でK’zFACTORYの同門金物屋の秀を相手に接戦を展開した鬼神光司(ブレイブハート)と対戦する。
 加えて2018年度新人王トーナメントストロー級決勝戦を実施。その他の対戦カードにつきましては決定次第発表となります。今年度プロフェッショナル修斗最終戦、どうぞご期待下さい!


[新たに決定した対戦カード]
◎フライ級5分3R
内藤 頌貴(同級世界9位/パラエストラ松戸)
vs
小堀 貴広(ゴンズジム)

◎ライト級5分2R
内藤 太尊(世界フェザー級9位/roots)
vs
鈴木 淑徳(オフィス淑徳軍)

◎フライ級5分2R
覇彌斗(同級世界5位/総合格闘技道場BURST)
vs
関口 祐冬(修斗ジム東京)

◎バンタム級5分2R
鬼神光司(ブレイブハート)
vs
よしずみ(SHOOTO GYM K’zFACTORY)

◎2018年度新人王決定トーナメント決勝戦 ストロー級5分2R(延長1R)
斉藤 康太(パラエストラ小岩)
vs
津村 有哉(リバーサルジム川口REDIPS)



[既に発表済みの対戦カード]
◎MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018ストロー級5分2R
箕輪 ひろば(勝ち点7/総合格闘技道場STF)
vs
ニシダ☆ショー(勝ち点4/総合格闘技道場BURST)


◎MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018ストロー級5分2R
楳沢 智治(勝ち点5/AACC×SPIDER)
vs
新井 丈(勝ち点0/キングダム立川コロッセオ)