VTJ 6.19 大阪で開催

TIME LINE修斗最新情報一覧へ

プロフェッショナル修斗 in OSAKA 20182018-06-17

6.17 プロフェッショナル修斗 IN OSAKA 2018  前田吉朗vsオニボウズ決定!  関西オールスター集結!注目の“天才”現役高校生も登場!今年も大阪が熱い!

 昨年は早々にチケットがソールドアウトになるなど、大いに盛り上がったサステイン主催プロフェッショナル修斗大阪大会。今年も昨年以上のカードが続々決定。関西を代表する二人の一戦、前田吉朗(パンクラス大阪稲垣組)vsオニボウズ(総合格闘技ゴンズジム)がいよいよ決定。前田は長年日本の軽量級トップとして活躍しているこの階級の第一人者。世界王者である扇久保博正(パラエストラ松戸)の首を狙い、修斗に本格参戦するも、未だ扇久保まで到達できていない。対するオニボウズは16年のインフィニティリーグを全勝で制すと、昨年の大阪大会でニュージェネレーションの旗手・覇彌斗を退け、扇久保への王座挑戦権を獲得。注目された世界戦となったが結果は完敗。大舞台の経験の差が出た結果となった。捲土重来。オニボウズのこの試合に懸ける思いは強い。共に世界王座を狙う両者がいよいよ地元・関西で雌雄を決する時がきた。世界王者・扇久保に大きく近づくのは前田か、オニボウズか。
 その他にも関西オールスターが集結する今大会。最注目はマッチョ“ザ”バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)vs安芸柊斗(あき・しゅうと/MMA Zジム)の一戦。ストロー級トップランカーとして長きに渡り君臨するマッチョだが、昨年に古傷の膝を手術。オーバーホールを終え、万全の状態で約1年振りの再起戦を迎える。この対戦相手が噂の現役高校生、安芸柊斗。徳島でかつてプロシューターとして活躍した父・安芸佳孝が主宰するMMAZジムで幼少期から英才教育を受け育った柊斗。昨年全日本アマ修斗トライアルトーナメントを3地区で征すなどプロデビュー前からその名は全国に知れ渡った。プロデビューしてからは2戦2勝(1KO)の負けなし。いよいよトップランカーとの対戦となる今回、互いにとって真価が問われる一戦となった。
 そして出場予定選手として発表されているランカー高野明(BLOWS)、キャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会)の相手は決定次第発表となる。チケットは各プレイガイドにて5月12日(土)より発売。



[新たに決定した対戦カード]
◎フライ級5分3R
前田 吉朗(パンクラス大阪稲垣組)
vs
オニボウズ(総合格闘技ゴンズジム)

◎バンタム級5分3R
奇天烈(修斗GYMS直心会)
vs
ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)

◎MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018ストロー級5分2R
ニシダ☆ショー(勝ち点4/総合格闘技道場BURST)
vs
小巻 洋平(勝ち点4/リライアブル)

◎ライト級5分2R
長田 拓也(BLOWS)
vs
田中 有(リライアブル)

◎ストロー級5分2R
マッチョ“ザ”バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)
vs
安芸 柊斗(MMA Zジム)

◎フライ級5分2R
小堀 貴広(総合格闘技ゴンズジム)
vs
西村 大地(BLOWS)

◎フェザー級5分2R
ムテカツ(総合格闘技ゴンズジム)
vs
後藤 陽駆(シューティングジム大阪)


[出場予定選手]
高野明(BLOWS)
キャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会)他


[既に発表済みの対戦カード]
◎第9代環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦5分3R
TOMA(直心会TK68)
vs
山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)


□大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦 in OSAKA 2018
[日時]2018年6月17日(日)
[開場]14:00
[開始]15:00 ※開場中にオープニングファイトを実施。
[会場]エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第2競技場)
[主催]株式会社サステイン
[協力]一般社団法人 日本修斗協会・バックステージプロジェクト・キョードーグループ
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[チケット発売日]5月12日(土)
[チケット料金]
 VIP 15,000円(柵内最前列/パンフレット付)
 RS 10,000円(パンフレット付)
 SS 8,000円
 S 6,000円
 A 5,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。

[チケット取扱所]
チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:594-730]
ローソンチケット 0570-084-005[Lコード:52428]
e+ http://eplus.jp

[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042