VTJ 6.19 大阪で開催

RESULT修斗試合結果一覧へ

2017-01-29プロフェッショナル修斗公式戦後楽園ホール大会

関連情報

2017-01-29

第7試合 フェザー級(-65.8kg)3R
斎藤裕(パラエストラ小岩)
マイク・グランディ(TEAM KAOBON)
パワーを活かして再三テイクダウン。3Rはマウントキープし判定勝利。
○マイク[判定3-0] ※29-28, 30-27, 30-26

第6試合 フライ級(-56.7kg)3R
前田吉朗(パンクラス大阪稲垣組)
覇彌斗(総合格闘技道場BURST)
2R前田がバックキープも、3R覇彌斗が十字を極めかけ判定勝利。
○覇彌斗[判定3-0] ※29-28, 30-29, 30-28

ジュニア修斗48kg契約 4分1R
鶴屋怜(パラエストラ松戸)
吉井 龍城(修斗GYMS直心会)
テイクダウンしグランドでも終始上からコントロールした鶴屋が勝利。
○鶴屋[判定2-0] ※10-9, 10-9

第5試合 世界ストロー級(-52.2kg)3R
猿丸ジュンジ(STG横浜)
猿田洋祐(和術慧舟會HEARTS)
近い間合いでの緊迫した攻防が続くもお互い決定打は与えられず。
△ドロー[判定0-1] ※28-30, 29-29, 29-29 猿田に一票

第4試合 環太平洋バンタム級(-61.2kg)次期挑戦者決定戦 3R
佐藤将光(坂口道場一族)
祖根寿麻(ZOOMER)
1R佐藤がヒジで側頭部と眉の上を切って大量に出血、ストップ。
○佐藤[2R0分01秒 TKO] ※ヒジによるカット

この結果により、3月24日(金)プロフェッショナル修斗後楽園大会にて、環太平洋チャンピオンシップ 石橋佳大vs佐藤将光が決定。

第3試合 フェザー級(-65.8kg)3R
児山佳宏(パラエストラ松戸)
青井人(BLOWS)
青井、右フック一発で児山が崩れ落ちKO勝ち。
○青井[1R2分07秒 KO] ※スタンドパンチ

第2試合 ライト級(-70.3kg)3R
山本勇気(パラエストラ千葉)
ホン・ソンビン(韓国/クミティムホン)
1,2R優勢な山本が3Rマウント取られるも何とか逃げ切って判定勝ち。
○山本[判定2-0] ※28-28, 29-28, 29-28

第1試合 フライ級(-56.7kg)3R
清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)
中止
奇天烈(修斗GYMS直心会)
※奇天烈が本計量で59.3kg(2.6kgオーバー)再計量でも59.0kg(2.3kgオーバー)で計量クリアできず

2017-01-28

1.29プロ修斗2017開幕戦をスカパー!サムライTV でも生中継致します。
ゲストには、修斗世界フライ級王者、TUF(ジ・アルティメットファイター)ファイナリストの扇久保博正選手をお迎えしてお送り致します。
扇久保選手は、UFC王者デメトリアス・ジョンソンへの挑戦権を掛け、世界中からMMA王者16人を集めて争われたTUFに出場。
日本人として唯一エントリーし、決勝まで駒をすすめるも惜敗。
世界の強豪と渡り合ってきた扇久保博正選手がどんな解説をしてくれるのか非常に楽しみですね!
ご期待下さい。
また、実況解説は河内孝博さんがつとめます。

スカパー!サムライTVのご視聴方法はこちらから
     ↓
http://www.samurai-tv.com/howto/

2017-01-28

明日のプロ修斗2017開幕戦は、世界178ヶ国で配信されているUFCファイトパスでも生中継されます。
ゲスト解説にはお馴染みの"大和魂"エンセン井上氏をお迎えしてお送り致します。
また、アシスタントには、UFC、ボクシング等の様々なジャンルで同時通訳をされている小池瑞香さん、
解説のはマーク・チネリーさんの3名でお送り致します。

MMAで英語の勉強をしたい人にもお薦めです!


UFCファイトパスのご視聴はこちらから
        ↓
https://www.ufc.tv/page/fightpass

2017-01-28

 本日、MLBカフェ水道橋にて1.29プロ修斗開幕戦・後楽園ホール大会の前日計量を行いました。各計量結果は以下の通りです。
 尚、清水清隆vs奇天烈の計量結果は、奇天烈が本計量で59.3kg(2.6kgオーバー)再計量でも59.0kg(2.3kgオーバー)と、リミットをクリア出来ませんでした。この結果を受け清水選手サイドと協議した結果、この試合を中止とさせて頂きます。
 この試合を楽しみにされていたファンの皆様、そしてジム関係者の皆様には心よりお詫び申し上げます。

株式会社サステイン

2017-01-28

 ◎第1試合フライ級(-56.7kg)5分3R
 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)56.7kg
 中止
 奇天烈(同級世界8位/修斗GYMS直心会)59.0kg

 ◎第2試合 ライト級(-70.3kg)5分3R
 山本 勇気(日本/パラエストラ千葉)70.2kg
 vs
 ホン・ソンビン(韓国/クミティムホン)69.5kg

 ◎第3試合 フェザー級(-65.8kg)5分3R
 児山佳宏(パラエストラ松戸)65.6kg
 vs
 青井 人(BLOWS)65.0kg

 ◎第4試合 環太平洋バンタム級(-61.2kg)次期挑戦者決定戦5分3R
 佐藤将光(同級1位/坂口道場一族)61.1kg
 vs
 祖根寿麻(同級2位/ZOOMER)61.2kg

 ◎第5試合 世界ストロー級(-52.2kg)次期挑戦者決定戦5分3R
 猿丸ジュンジ(同級1位/シューティングジム横浜)52.0kg
 vs
 猿田洋祐(同級4位/和術慧舟會HEARTS)52.1kg

 □ジュニア修斗48kg契約4分1R
 鶴屋 怜(パラエストラ松戸)47.5kg
 vs
 吉井 龍城(修斗GYMS直心会)46.3kg

 ◎セミファイナル・第6試合 フライ級(-56.7kg)5分3R
 前田吉朗(同級世界1位/パンクラス大阪稲垣組)56.5kg
 vs
 覇彌斗(総合格闘技道場BURST)56.3kg

 ◎メインイベント・第7試合 フェザー級(-65.8kg)5分3R
 斎藤 裕(日本/同級世界王者/パラエストラ小岩)65.6kg
 vs
 マイク・グランディ(イギリス/TEAM KAOBON)65.6kg

2017-01-28

明日の後楽園ホールでの開幕戦当日券は16時より後楽園ホール1F当日券売り場にて販売致します。
 VIP、RSは完売。SS席、S席、A席の販売を致します。


□2017年プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
[日時]2017年1月29日(日)
[開場]18:00
[開始]18:45
[会場]東京/後楽園ホール
[協賛]LIVE SEARCH  http://livesearch.link/
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[認定]ISC
[協力]一般社団法人 日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[当日券情報]大会当日16時より、後楽園ホール1F当日券売り場にて発売
[当日チケット料金]SS 8,500円/S 6,500円/A 5,500円
※全席指定、全て税込み価格。
※500円増しの当日料金。
※小学生以上はチケットが必要。
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042

2017-01-27





猿丸ジュンジ


「俺は勝ちにこだわって戦います。でもみんなを楽しませる試合をします」


世界ストロー級(-52.2kg)次期挑戦者決定戦が間近に迫ってきました。試合への準備は順調ですか?


「ばっちりですね。前回の試合(2016年11月、小堀貴広に1RKO勝ち)は1R決着で怪我もなかったんで、試合が終わってからずっと継続して練習していました」


小堀戦はまさに会心の勝利でしたが、改めてあの一戦を振り返っていただけますか?


「ランキングが下の選手だったので、少しでも早く倒さないといけないと思ってやりました。それで相手の動きも見ずにタイミングも無視して戦いました。もしあれで判定までいっちゃうと次のチャンスはないと思っていたので、前回は勝ち方にこだわってやりました」


その小堀戦があったことで、今回の次期挑戦者決定戦のチャンスが巡ってきました。最初に試合が決まった時の心境はいかがでしたか?


「猿田選手とはいつかやるだろうなと思っていました。ぶっちゃけ大きな壁っすよね」


階級上から落としてきた選手ですが、階級を変えた時から意識していましたか?


「はい。階級を落としてくる前は気にしなかったですけど、落としてくると分かった時に、いずれ戦うことになる相手だなと思いました」


ファイターとしてはどんな印象がありますか?


「単純に強いですよね、はい」


猿田選手はテイクダウン・グラウンドでのコントロール能力が強い印象です。言える範囲でどんな対策を練って、準備を続けてきましたか?


「はっきり言って自分の苦手なタイプだし、そういう相手の対策はずっと練っています。その中で自分のコンディションや力を上げることを意識してやってきて、もともと自信があったパワーをさらに強化して、他の選手には負けないようにしました。猿田選手はすごく強いし、一階級上から落とした選手ですけど、力じゃ負けない自信があります」


猿丸選手は少し前からフィジカルトレーニングにも力を入れていましたよね。


「はい。その成果もスパーリングで感じるようになったので、より自信がついてきました」


この試合に勝てば猿丸選手にとって5度目の世界タイトル挑戦が決まります。猿丸選手は修斗の世界タイトルを目標に戦い続けていますが、今タイトルについてはどんな想い入れがありますか?


「やりたいですね…本当に。やりたいというか俺は修斗のベルトが欲しいんです。だから今回も絶対に勝たなきゃいけないし、何が何でも勝ってタイトルマッチにつなげるっていう…それだけですね」


この試合を楽しみにしているファンのみなさんにどんな試合を見せたいですか?


「いつも通り思いっきりアグレッシブに動いて、勝つのは勝つんですけど、みんなを楽しませる試合をするんで楽しみにしていてください。俺は勝ちにこだわって戦いますけど、みんなは俺がアグレッシブに戦ってパンチを振り回すところを見たいだろうから、それを次の試合でも見せますよ」






猿田洋祐


「世界チャンピオンにもプレッシャーをかける試合をしたいと思います」


世界ストロー級(-52.2kg)次期挑戦者決定戦が間近に迫ってきました。試合への準備は順調ですか?


「そうですね。追い込み練習もフィジカルトレーニングも終えて、あとは体重を落とすだけです。戦略的なこともしっかり練習してきたので準備はばっちりです」(インタビューは1月23日のもの)


ストロー級に階級を落として2連勝、次が3戦目です。この階級での手応えは掴んでいますか?


「階級を落とす前から自分の適性は52.2kgだと思っていたんですけど、バンタム級(現フライ級=-56.7kg)でもタイトルを狙える位置にいたので、階級を落とさずに試合を続けていました。ただ2015年11月に扇久保(博正)選手に負けてタイトル戦線から遠のいたかなと思ったので、だったら一階級下でタイトルを目指そうと思いました。当時は内藤のび太選手がタイトルを持っていて、のび太選手と戦ってみたいという気持ちもありました」


では-56.7kgで体格差を感じていたから、階級を変えようと思ったわけではないんですね。


「はい。僕はバンタム級でも大きいほうではなかったし、階級を落として多少減量はキツくなりましたが、試合当日の体重は階級を変える前も後もどちらも同じくらいなんです。だから僕としては階級を下げたことはプラスに働いていますね」


前回の試合(2016年7月、ルイス・ゴンザレス戦)も、初の国際戦ながら危なげない試合運びでの勝利でした。


「ゴンザレス選手も一階級上でやっていた選手で多少は不安があったんですけど、組んだ感じや3R通した感覚として、自分はこの階級で通用するなという自信になりました。フィニッシュはできませんでしたが、5分3Rフルに動き続けられたことは自信になっています」


そして今大会では世界王座への挑戦権をかけて猿丸ジュンジ選手と対戦することになりました。猿丸選手のことは意識していましたか?


「はい。同じ階級でやる以上、いつかやるんだろうなと思って見ていました」


猿丸選手のファイトスタイルにはどんな印象がありますか?


「やっぱり打撃ですよね。確実にKOを狙ってくるだろうという怖さはあります」


ただし猿田選手もトータル的な練習は続けていると思います。必要以上に猿丸選手の打撃を警戒することはないですか?


「そうですね。一階級上でもさんざんストライカーとやってきたんで猿丸選手の打撃にビビることはないです」


勝つイメージは出来上がっていますか?


「最終的にはグラウンドでフィニッシュすると思うんですけど、僕はスタンドでも勝負できると思っています。そして何よりタックルや組技がある打撃は純粋な打撃とは全く別物です。自分はすべてフルに使って戦います」


明確にあと2つ勝てば世界王者という位置まで来ました。修斗の世界タイトルにはどんな思い入れがありますか?


「修斗で階級を落としたのは修斗のベルトには特別な気持ちがあるからで、修斗のベルトが欲しい気持ちは強いです。それに僕には修斗で2階級制覇するという夢もあるんですよ。だからまずはストロー級でしっかりベルトを獲って、次は階級を戻してフライ級のベルトも狙いに行きたいです」


もう一度、フライ級でやることも視野に入れているのですか?


「そうですね。そのためにもストロー級でベルトを獲れるかどうかはターニングポイントになるだろうし、自分の格闘技人生を考えても(ストロー級のベルトは)大きな意味のあるものになると思います」


それでは最後にファンの皆さんにメッセージをいただけますか?


「相手もアグレッシブな選手で前に出てくると思うし、自分も引く気はないし前に出ます。だから僕と猿丸選手の試合は死闘になると思います。そこで僕はワンチャンスを掴んでフィニッシュするつもりです。そしてチャンピオン(飛鳥拳)にもプレッシャーをかける試合をしたいと思います」



2017-01-27

開局から僅か7ヶ月で1000万ダウンロードを突破するなど、話題のAbemaTVで1月29日開催の「プロ修斗2107開幕戦」の生放送が決定致しました!

当日会場に来られない方は是非、AbemaTVで「プロ修斗2107開幕戦」後楽園ホール大会の熱戦をご覧になって下さい!
会場に向かう途中で気になる試合をチェックしたり、会場で観戦しながら実況を聞くことも可能です。

ダウンロードがお済でない方は、この機会に是非、ダウンロードして下さい。
もちろん無料でダウンロード出来ます!

■AbemaTVのダウンロードはこちらから
   ↓
https://abema.tv/

AbemaTVは視聴の予約も出来ますのでお見逃しのないように!
■視聴予約はこちらから
   ↓
https://goo.gl/PYOMwi

2017-01-27

 大会当日は18:00開場、18:45より試合開始となります。試合開始前18:30より入場式を行う予定です。
 また開場中に2016年新人王三賞(MVP、技能賞、敢闘賞)受賞者の挨拶、そして2016年年間表彰(MVP、ベストバウト、MIP)受賞者表彰を行います。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 開場中、休憩中に次回大会2月24日(金)に初開催となりますケージを使用した「THIS IS SHOOTO」渋谷TAUTAYA O-EAST大会、そして3月24日(金)東京・後楽園ホールにて行いますプロフェッショナル修斗公式戦の先行販売を行います。

良いお席はお早めにお買い求め下さい。

2017-01-24

 1.29プロ修斗開幕戦・後楽園ホール大会の試合順が決定。2017年は清水清隆(TRIBE.TOKYO M.M.A.)VS 奇天烈(修斗GYMS直心会)で幕を明けます。そしてメインには世界王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)の再起戦、セミには前田吉朗(パンクラス大阪稲垣組)vs覇彌斗(総合格闘技道場BURST)の新旧対決。
 そして今大会でおこなわれます佐藤将光vs租根寿麻の一戦は環太平洋バンタム級1位、2位の対戦となります為、この試合は「環太平洋バンタム級次期挑戦者決定戦」として行います。この試合の勝者が現王者・石橋佳大(Duroジム)と年内に対戦致します。
 また今大会にはジュニア修斗公式戦1試合を追加。パラエストラ千葉ネットワーク・鶴屋浩代表のご子息、鶴屋怜くんと、第1回西日本ジュニア修斗王者・吉井龍城くんが登場。中学生同士のフレッシュファイトにどうぞご期待下さい。なおこの試合は休憩時間に行います。


 ◎第1試合フライ級(-56.7kg)5分3R
 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)
 vs
 奇天烈(同級世界8位/修斗GYMS直心会)

 ◎第2試合 ライト級(-70.3kg)5分3R
 山本 勇気(日本/パラエストラ千葉)
 vs
 ホン・ソンビン(韓国/クミティムホン)

 ◎第3試合 フェザー級(-65.8kg)5分3R
 児山佳宏(パラエストラ松戸)
 vs
 青井 人(BLOWS)※所属が変更になりました。

 ◎第4試合 環太平洋バンタム級(-61.2kg)次期挑戦者決定戦5分3R
 佐藤将光(同級1位/坂口道場一族)
 vs
 祖根寿麻(同級2位/ZOOMER)

 ◎第5試合 世界ストロー級(-52.2kg)次期挑戦者決定戦5分3R
 猿丸ジュンジ(同級1位/シューティングジム横浜)
 vs
 猿田洋祐(同級4位/和術慧舟會HEARTS)

 □ジュニア修斗48kg契約4分1R
 鶴屋 怜(パラエストラ松戸)
 vs
 吉井 龍城(修斗GYMS直心会)

 ◎セミファイナル・第6試合 フライ級(-56.7kg)5分3R
 前田吉朗(同級世界1位/パンクラス大阪稲垣組)
 vs
 覇彌斗(総合格闘技道場BURST)

 ◎メインイベント・第7試合 フェザー級(-65.8kg)5分3R
 斎藤 裕(日本/同級世界王者/パラエストラ小岩)
 vs
 マイク・グランディ(イギリス/TEAM KAOBON)



鶴屋 怜(つるや・れい)
REI TSURUYA
[所属]パラエストラ千葉
[生年月日]2002年6月22日(14歳)中学二年
[身長]158cm
[MMA戦績]2勝1分
[主な戦績]BJJドゥマウジャパンカップ優勝

吉井 龍城(よしい・りゅうき)
RYUKI YOSHII
[所属]修斗GYMS直心会
[生年月日]2002年6月27日(14歳)中学二年
[身長]156cm
[MMA戦績]4勝
[主な戦績]第1回西日本ジュニア修斗選手権48kg以下級優勝

2017-01-24

 今大会前日計量を以下の日程で行います。この前日計量は一般公開形式で行います。入場は無料です。どなたでもご参加頂けます。当日は試合順に計量を行います。メイン、セミに出場します選手には計量後、コメントをもらう予定です。一般の皆様の写真撮影等も可能です。皆様のご来場、お待ち致しております。
 そして今回、計量終了後に昨年誕生しました新人王表彰式を行います。またMVP、技能賞、敢闘賞三賞の発表も合わせて行います。こちらも是非ご覧ください。

[1.29 プロ修斗後楽園ホール大会 前日計量]
[日時]2017年1月28日(土) 15時00分開始(16時終了予定)
    (14時50分より入場開始)
 [場所]水道橋・MLBカフェ
    〒112-0004
    東京都文京区後楽1-3 ジオポリス1F
    TEL 03-5840-8905
    ※JR水道橋駅東口より徒歩2分
[備考]入場無料
    前日計量終了後、2016年新人王表彰式を実施
[URL]http://www.mlbcafe.jp/tdc/index.html


◎2016年新人王表彰式
[日時]2017年1月28日(土)1.29前日計量終了後
    (14時50分より入場開始)
[場所]水道橋・MLBカフェ
    〒112-0004
    東京都文京区後楽1-3 ジオポリス1F
    TEL 03-5840-8905
    ※JR水道橋駅東口より徒歩2分
[備考]入場無料

□参加選手
 ・フライ級新人王 箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)
 ・バンタム級新人王 鎌田悠介(ピロクテテス新潟)
 ・フェザー級新人王 一條貴洋(ブレイブハート)
 ・ライト級新人王 山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)
 ・ウェルター級新人王 長田拓也(BLOWS)
 ※ミドル級新人王 橋本公一(9’sMMA)は所用により欠席

2017-01-10

今年度開幕戦となります、1.29 東京・後楽園ホール大会のポスターが完成いたしました!
 また今大会も広報活動にご協力頂けますポスターサポーターを募集しております。
 このポスターを目立つ所に貼って頂き、広報、宣伝活動にご協力頂けるという皆様、是非ご連絡下さい。
 詳しくはサステインまでお問い合わせください。

サステイン 03-3788-3042
メールでのお問い合わせでも結構です。
お気軽にお問い合わせください。
http://www.shooto-mma.com/page/?p=contact

2017-01-03

 プロフェッショナル修斗2017年開幕戦となる1月29日(日)東京・後楽園ホールの2カードが新たに決定。
 これまでライト級(70.3kg)で活躍してきた児山が、今大会よりフェザー級(65.8kg)に階級を変更する。対するは“岡山の天才”と呼ばれている青井人(セコンドアウト)。青井は2014年全日本アマ修斗選手権を史上最年少となる17歳で制するなどプロデビュー前から話題の存在であった。新人王トーナメントへのエントリーが無かった事や、中国地方を中心にプロ修斗公式戦を開催する「闘裸男(トラオ)」を主戦場にしている事もあり知名度こそ低いものの、デビューから5戦無敗と着々と実力をつけている。昨年4月には実力者・美木航(NATURAL9)と接戦の末、引き分けた事からもその実力が計り知れるだろう。
 デビューから12年、36歳にして決意の階級変更となる児山が新鋭・青井を相手にどんな戦いを見せるだろうか。今大会では前田吉朗vs覇彌斗、清水清隆vs奇天烈のベテラントップファイターと新鋭のカードが組まれている中、覇弥斗、奇天烈、青井の誰が抜きん出てるのか?ベテランファイターにとっては決して負けられない、そして、ファイターとしての生き様を懸けた闘い、修斗ならではの下克上カードにどうぞご注目下さい。
 そしてVTJ8thで修斗世界ランカー・武田飛翔を相手に一本勝利をおさめ、今大会での修斗初参戦となる山本勇気(パラエストラ千葉)の国際戦が決定。今回、韓国のホン・ソンビン(韓国・クミティムホン)を持つ20歳の新鋭だ。得意の右の打撃を主軸に、韓国選手らしく後退を知らない強いメンタルも武器とするホン。8割近いKO率を誇る山本と打撃戦は必至と思われるが、前回の試合ではRNCで勝利しており、サブミッションでの決着も考えられる。とにかく激しい試合になる事は間違いないだろう。数々の団体で暴れまくった山本勇気の修斗デビュー戦にご期待下さい。

□新たに決定した対戦カード
 ◎フェザー級(-65.8kg)5分3R
 児山佳宏(パラエストラ松戸)
 vs
 青井 人(セコンドアウト)

 ◎ライト級(-70.3kg)5分3R
 山本 勇気(日本/パラエストラ千葉)
 vs
 ホン・ソンビン(韓国/クミティムホン)

 ◎選手プロフィール
 ホン・ソンビン HONG SEON BIN
 [所属]クミティムホン
 [生年月日]1997年7月5日(20歳)
 [身長]176cm
 [戦績]4戦2勝2敗

□既に発表済みの対戦カード
 ◎フェザー級(-65.8kg)5分3R
 斎藤 裕(日本/同級世界王者/パラエストラ小岩)
 vs
 マイク・グランディ(イギリス/TEAM KAOBON)

 ◎世界ストロー級(-52.2kg)次期挑戦者決定戦5分3R
 猿丸ジュンジ(同級2位/シューティングジム横浜)
 vs
 猿田洋祐(同級5位/和術慧舟會HEARTS) 

 ◎フライ級(-56.7kg)5分3R
 前田吉朗(同級世界1位/パンクラス稲垣組)
 vs
 覇彌斗(総合格闘技道場BURST)

 ◎フライ級(-56.7kg)5分3R
 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)
 vs
 奇天烈(同級世界9位/修斗GYMS直心会)

 ◎バンタム級(-61.2kg)5分3R
 佐藤将光(同級世界2位/坂口道場一族)
 vs
 祖根寿麻(同級世界6位/志村道場)


□2017年プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
[日時]2017年1月29日(日)
[開場]18:00
[開始]18:45  ※開場中にオープニングファイトを実施
[会場]東京/後楽園ホール
[協賛]LIVE SEARCH  http://livesearch.link/
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[認定]ISC
[協力]一般社団法人 日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[チケット発売日]
DMM.Eにて先行販売中 https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
12/2(金)より一般販売開始
[チケット料金]VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
[チケット取扱所]
  DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
  後楽園ホール 03-5800-9999
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3788-3042
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042

2016-12-15

 今年の9月に行われたVTJ8thでライト級国内トップの実力者、ISAO(坂口道場一族)と熱戦を繰り広げるもスプリット判定で敗れた世界ライト級王者・斎藤裕(パラエストラ)の再起戦の対戦相手が決定。今回はイギリス・イングランド出身のマイク・グランディ(TEAM KAOBON)と対戦。グランディは元UFCファイター・テリー・エティムも所属するTEAM KAOBON所属でイギリスのMMAプロモーション「BAMMA」を主戦場にキャリアを重ねる29歳。ファイトスタイルはテイクダウン技術に長けたトータルファイターだが、キャリア7勝の中に6の一本勝ちがあり、その全てを1Rで仕留めていることからも極めの強さが計り知れる。斎藤のファイトスタイルも全局面でのトータルバランスで勝負する事を考えると同スタイルのファイターと言えるか。そこでカギを握るのが外国人特有のフィジカル強さ。写真や映像を見る限り、非常に分厚さを感じるがっしりとした体格のグランディ。パワーで強引に主導権を握る事も考えられる。先の敗戦で精神的にもかなりのダメージを受けたと言う斎藤。しかし敗戦が選手を一回りも二回りも大きくさせる。更に成長した世界王者の姿が見たい。


[新たに決定した対戦カード]
 ◎ライト級5分3R
 斎藤 裕(日本・世界王者/パラエストラ小岩)
 vs
 マイク・グランディ(イギリス・TEAM KAOBON)

・選手プロフィール
 マイク・グランディ  MIKE GRUNDY
 [所属]TEAM KAOBON
 [出身]イギリス・マンチェスター
 [身長]173cm
 [生年月日]1987年3月1日(29歳)
 [MMA戦績]8戦7勝(6S)1敗

・マイク・グランディ コメント
 MMAを始めてから日本で試合をするのが目標だったので、試合が決まって非常に嬉しく思っています。私はイングランド北部のウィガンという街の出身なのですが、この街ではシュートレスリングが非常に盛んで私はその環境で育ってきました。
 斎藤選手はスタミナもあり、オールラウンドなファイターという印象ですが、動きを見ると私と同じくグラップリングも得意な選手だと感じました。今回、MMAのルーツでもある修斗で試合ができる事は私の運命であり、表現しがたい感動があります。日本のファンにマイク・グランディの名前を覚えて貰う為、修斗の世界チャンピオンの斎藤選手を圧倒して、最後は極めて勝ちます!


[既に発表済みの対戦カード]
 ◎世界フライ級次期挑戦者決定戦5分3R
 猿丸ジュンジ(同級2位/シューティングジム横浜)
 vs
 猿田洋祐(同級5位/和術慧舟會HEARTS) 

 ◎バンタム級5分3R
 前田吉朗(同級世界1位/パンクラス稲垣組)
 vs
 覇彌斗(総合格闘技道場BURST)

 ◎バンタム級5分3R
 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)
 vs
 奇天烈(同級世界9位/修斗GYMS直心会)

 ◎フェザー級5分3R
 佐藤将光(同級世界2位/坂口道場一族)
 vs
 祖根寿麻(同級世界6位/志村道場)


□出場予定選手
 山本勇気(パラエストラ千葉)


□2017年プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
[日時]2017年1月29日(日)
[開場]18:00
[開始]18:45  ※開場中にオープニングファイトを実施
[会場]東京/後楽園ホール
[協賛]LIVE SEARCH  http://livesearch.link/
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[認定]ISC
[協力]一般社団法人 日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[チケット料金]VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
[チケット取扱所]
  DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
  後楽園ホール 03-5800-9999
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3788-3042
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042



◎2017年度サステイン主催 プロフェッショナル修斗公式戦日程
1月29日(日)後楽園ホール
3月24日(金)後楽園ホール
5月12日(金)後楽園ホール
7月23日(日)後楽園ホール
9月10日(日)新宿FACE
10月15日(日)舞浜アンフィシアター
11月19日(日)新宿FACE
12月17日(日)新宿FACE ※追加
※日程は予告なく変更、中止、追加になる場合があります。

2016-12-01

 プロフェッショナル修斗2017年開幕戦となる1.29東京・後楽園ホール大会、注目の3カードを発表。
 今大会には2名の元キングオブパンクラシストが出場を直訴。前田吉朗(パンクラス稲垣組)と清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)の参戦が決定。今大会では成長著しい新世代に胸を貸す事となった。
 前田と対戦するのは覇彌斗(総合格闘技道場BURST)。元環太平洋ウェルター級王者・佐々木信治が育てる新鋭だ。柔道をベースに持ち試合場全てを使う躍動感溢れるファイトスタイルが信条の21歳。修斗4戦無敗、他プロモーションでの試合をあわせるとキャリアは6戦全勝と波に乗る。中国地区で行われている「闘裸男」を主戦場とし今回が後楽園ホール初登場となる。
 清水と対戦する奇天烈(修斗GYMS直心会)は今年9月大阪で内藤頌貴(パラエストラ松戸)に敗れるまで4連勝3連続KO勝利という活躍を見せた。グラップラーである元世界王者“極職人”生駒純司を師に持ちながら強烈なパンチでKOの山を築く生粋のストライカーだ。
 前田、清水共に若い世代との対戦となったが、前回11月の後楽園大会で昨年度新人王MVP・田丸匠が元世界王者・漆谷康宏から一本勝利を挙げ、世代交代を迫った事は記憶に新しいが、同階級でもある田丸のこの姿に覇彌斗、奇天烈共に触発されたに違いない。田丸に続けとベテランに世代交代を迫るか、それとも前田、清水のベテラン勢が返り討ちにするか。
 もう1カードは修斗最注目階級フェザー級ランキングマッチ、佐藤将光(坂口道場一族)と祖根寿麻(志村道場)の一戦が決定。キャラクター揃いの同階級、そして環太平洋新王者“激闘王”石橋佳大の誕生で更に熱を増した修斗フェザー級キーマン決定戦と言っていいだろう。
 2017年開幕戦から出し惜しみなし!“格闘技の聖地”後楽園ホールへのケージ導入から熱気、注目度が更に増したプロ修斗にどうぞご注目下さい!
 現在大会チケットをチケットレスでスマホから簡単に購入可能な「DMM.E」(https://event.dmm.com/detail?event_id=74057)にて先行販売を行っておりますが、12月2日(金)より一般販売開始となります。



[新たに決定した対戦カード]
 ◎バンタム級5分3R
 前田吉朗(同級世界1位/パンクラス稲垣組)
 vs
 覇彌斗(総合格闘技道場BURST)

 ◎バンタム級5分3R
 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)
 vs
 奇天烈(同級世界9位/修斗GYMS直心会)

 ◎フェザー級5分3R
 佐藤将光(同級世界2位/坂口道場一族)
 vs
 祖根寿麻(同級世界6位/志村道場)


[既に発表済みの対戦カード]
 ◎世界フライ級次期挑戦者決定戦5分3R
 猿丸ジュンジ(同級2位/シューティングジム横浜)
 vs
 猿田洋祐(同級5位/和術慧舟會HEARTS) 
 
□出場予定選手
 斎藤 裕(世界ライト級王者/パラエストラ小岩)
 山本勇気(パラエストラ千葉)


□2017年プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
[日時]2017年1月29日(日)
[開場]18:00
[開始]18:45  ※開場中にオープニングファイトを実施
[会場]東京/後楽園ホール
[協賛]LIVE SEARCH  http://livesearch.link/
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[認定]ISC
[協力]一般社団法人 日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[チケット発売日]
DMM.Eにて先行販売中 https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
12/2(金)より一般販売開始
[チケット料金]VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
[チケット取扱所]
  DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
  後楽園ホール 03-5800-9999
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3788-3042
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042



◎2017年度サステイン主催 プロフェッショナル修斗公式戦日程
1月29日(日)後楽園ホール
3月24日(金)後楽園ホール
5月12日(金)後楽園ホール
7月23日(日)後楽園ホール
9月10日(日)新宿FACE
10月15日(日)舞浜アンフィシアター
11月19日(日)新宿FACE
12月17日(日)新宿FACE ※追加
※日程は予告なく変更、中止、追加になる場合があります。

2016-11-15

 2017年度サステイン主催プロフェッショナル修斗公式戦は1月29日(日)後楽園ホールで開幕。今大会には9月のVTJ8thでの敗戦からの再起戦となる世界ライト級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)が参戦。そして同じくVTJ8thで世界ランカーに勝利した山本勇気(パラエストラ千葉)が初参戦。この他には11.12後楽園ホール大会で発表となった世界フライ級次期挑戦者決定戦が猿丸ジュンジ(同級2位/シューティングジム横浜)と猿田洋祐(同級5位/和術慧舟會HEARTS)の間で行われる。


□決定対戦カード
 ◎世界フライ級次期挑戦者決定戦5分3R
 猿丸ジュンジ(同級2位/シューティングジム横浜)
 vs
 猿田洋祐(同級5位/和術慧舟會HEARTS) 
 
□出場予定選手
 斎藤 裕(世界ライト級王者/パラエストラ小岩)
 山本勇気(パラエストラ千葉)



□2017年プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
[日時]2017年1月29日(日)
[開場]18:00
[開始]18:45  ※開場中にオープニングファイトを実施
[会場]東京/後楽園ホール
[協賛]LIVE SEARCH  http://livesearch.link/
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[認定]ISC
[協力]一般社団法人 日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[チケット発売日]11月後半を予定
[チケット料金]VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
[チケット取扱所]
  DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
  後楽園ホール 03-5800-9999
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3788-3042
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042



◎2017年度サステイン主催 プロフェッショナル修斗公式戦日程

1月29日(日)後楽園ホール
3月24日(金)後楽園ホール
5月12日(金)後楽園ホール
7月23日(日)後楽園ホール
9月10日(日)新宿FACE
10月15日(日)舞浜アンフィシアター
11月19日(日)新宿FACE
※日程は予告なく変更、中止、追加になる場合があります。

メインイベント 第7試合

フェザー級 3回戦

5分3R

斎藤 裕パラエストラ小岩

SHOOTO 戦績

17 戦13勝1KO2S2敗2分

マイク グランディTEAM KAOBON

SHOOTO 戦績

1 戦1勝

3R判定 0-3
28-29, 27-30, 26-30
セミファイナル 第6試合

フライ級 3回戦

5分3R

前田 吉朗パンクラス大阪稲垣組

SHOOTO 戦績

3 戦2勝1KO1S1敗

覇彌斗 総合格闘技道場BURST

SHOOTO 戦績

8 戦6勝2KO2S1敗

3R判定 0-3
28-29, 29-30, 28-30
世界ストロー級次期挑戦者決定戦 第5試合

ストロー級 3回戦

5分3R

猿丸 ジュンジシューティングジム横浜

SHOOTO 戦績

21 戦15勝9KO1S6敗

猿田 洋祐和術慧舟會HEARTS

SHOOTO 戦績

22 戦14勝4KO2S5敗2分

引き分け3R判定 0-1
28-30, 29-29, 29-29
環太平洋バンタム級次期挑戦者決定戦 第4試合

バンタム級 3回戦

5分3R

佐藤 将光坂口道場一族

SHOOTO 戦績

8 戦6勝3KO1S1敗

祖根 寿麻ZOOMER

SHOOTO 戦績

3 戦2勝1敗

2R00:01TKO
第3試合

フェザー級 3回戦

5分3R

児山 佳宏パラエストラ松戸

SHOOTO 戦績

17 戦9勝2KO6敗2分

青井 人BLOWS

SHOOTO 戦績

7 戦5勝2KO1S1敗1分

1R02:07KO
第2試合

ライト級 3回戦

5分3R

山本 勇気パラエストラ千葉

SHOOTO 戦績

1 戦1勝

ホン ソンビンクミティムホン

SHOOTO 戦績

1 戦1敗

3R判定 2-0
28-28, 29-28, 29-28
第1試合

フライ級

5分3R

清水 清隆TRIBE TOKYO M.M.A

SHOOTO 戦績

8 戦5勝2KO1S3敗

奇天烈 修斗GYMS直心会

SHOOTO 戦績

13 戦7勝3KO6敗

ノーコンテスト
奇天烈が本計量で59.3kg(2.6kgオーバー)再計量でも59.0kg(2.3kgオーバー)と、リミットをクリア出来ず、協議した結果、試合中止

キッズ・ジュニア修斗

4分1R

鶴屋 怜パラエストラ千葉

SHOOTO 戦績

1 戦1勝

吉井 龍城修斗GYMS直心会

SHOOTO 戦績

1 戦1敗

判定 2-0
[判定2-0] ※10-9, 10-9
テイクダウンしグランドでも終始上からコントロールした鶴屋が勝利。
大会名称後楽園ホール大会
開催日2017年01月29
会場

東京/後楽園ホール 地図

開場18:00
開始18:45
特別協賛株式会社ドン・キホーテ
協賛LIVE SEARCH  http://livesearch.link/
協力一般社団法人 日本修斗協会
認定ISC
主催株式会社サステイン
入場料VIP席 15,000円
RS席 10,000円
SS席 8,000円
S席 6,000円
A席 5,000円
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
発売日11月後半を予定
販売所  DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=73659
  後楽園ホール 03-5800-9999
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3788-3042
問合わせ株式会社 サステイン 03-3788-3042